Index

鳥よ、僕の骨で大地の歌を鳴らして

2015, Exhibition

個展、第一生命ギャラリー、東京

Exhibition View

  • 1 of 15

  • 僕は、木になる。

    2 of 15

  • 僕は、木になる。 Photo by Hiroshi Moriya

    3 of 15

  • 4 of 15

  • Photo by Hiroshi Moriya

    5 of 15

  • 6 of 15

  • 7 of 15

  • 8 of 15

  • 9 of 15

  • Photo by Serge Koutchinsky

    10 of 15

  • 森が僕を苗床にする

    11 of 15

  • 森が僕を苗床にする

    12 of 15

  • 森に食べられる

    13 of 15

  • 森に食べられる

    14 of 15

  • 森に食べられる

    15 of 15

    Text:命の苗床

    • 1 of 9

    • Photo by Hiroshi Moriya

      2 of 9

    • Photo by Hiroshi Moriya

      3 of 9

    • 4 of 9

    • 5 of 9

    • Photo by Hiroshi Moriya

      6 of 9

    • Photo by Hiroshi Moriya

      7 of 9

    • Photo by Hiroshi Moriya

      8 of 9

    • Photo by Hiroshi Moriya

      9 of 9



      《個の生命が終わり、鳥が迎えに来る。鳥によって分解された身体は森に食べられる。森が僕を苗床にし、僕は木になる。心臓が鼓動する》

      —『鳥よ、僕の骨で大地の歌を鳴らして』より

      森では、木は密やかに倒れ、命を終えた木を苗床に、また新しい木が上に大きく育っている。動物の身体は、他の野生動物や虫に喰われ、その後、微生物によって分解され、土に戻っていく。

      人間もまた動植物同様、生と死の輪によってできる生命の連鎖の中に生きている。

      生命体が、個を超えて大きな流れの一部分であることを意識する。この循環をほんとうの意味で想像できたとき、山、川、風、火、土といった森羅万象は、自らの体内に臓器のようにあるものではなかったか。





      Other Works

      ←Archives

      © 2022 Maki Ohkojima