Index

生きとし生けるものたちの饗宴

2015, Mural

天井画: パネル上の布にペンとアクリル、20枚、サイズ 316×490cm
東久留米アートプロジェクトin 南沢氷川神社

Exhibition View

  • 1 of 14

  • 2 of 14

  • 3 of 14

  • 4 of 14

  • 5 of 14

  • 6 of 14

  • 7 of 14

  • 8 of 14

  • 9 of 14

  • 10 of 14

  • 11 of 14

  • 12 of 14

  • 13 of 14

  • 14 of 14

    Text: 南沢氷川神社拝殿に天井画を描く

    はるか昔、縄文時代より人々が暮らしを営んできた武蔵野平野。その一角をなす東久留米の地では、東京にしては珍しく、天然の湧き水が出る。

    その湧き水の源流に、古来より湧水守護神として奉斎されてきた、南沢氷川神社という由緒深い神社がある。2015年、私はその南沢氷川神社の拝殿にて、「命の根源」をテーマとする、ひとつの天井画を制作した。

    この天井画は東久留米アートプロジェクトの一環として展示された後、2017 年に正式に南沢氷川神社へ奉納された。現在は拝殿に常設展示されているが、祈祷などを受ける方のみに限定した公開となっている。

    私は南沢氷川神社がある東久留米市に生まれ、幼少の頃からこの土地に湧く水を汲み、それを飲みながら育った。

    だから、少なくとも私の身体の一部は、ここの水によってつくられている。

    もちろん、水ばかりではない。私の身体の中を巡る血液と細胞、つまり私の血肉は、この土地を満たす水と土と風と太陽、そしてたくさんの生きものたちに抱かれている。この土地に生まれた私は、この土地によって、この土地の一部として、生かされている。

    湧き水の源流に立ち、私を形作ってきたあらゆるものへと思いを巡らせていると、なぜだか無性に歌いだしたいような気持ちになった。

    その歌は、今この星で私たちと場を共有するすべての動物たち、木々たち、草花たちとともに饗宴するための歌だ。

    私はその歌を描こうと思った。絵を通して歌おうと思った。

    これまで存在してきた、そして、これから存在するだろう、すべての生きとし生けるものたちとともに。




    黄金色の森、原始の森
    水の木、母なる海、月の満ち欠け

    水の中で僕たちは森と同化する

    こんにちは、地球
    こんにちは、湧き水
    こんにちは、おひさま

    僕の身体は君たちからつくられている

    ともに、大地の歌を歌おう

    Video archive

    Other Works

    ←Archives

    © 2022 Maki Ohkojima