Publishing | 1.4.2022

「忘却の野に春を想う」白水社より発刊

2022.1.6発刊

装丁画提供:作品名「明日の収穫」アグロス・アートプロジェクトin 青森県立美術館

姜信子さん、山内明美さん、共著による「忘却の野に春を想う」が、白水社より発刊されました。
近代を問い、命を語る往復書簡です!

大小島は書籍の装丁画を提供しています。

提供作品は、2017-18年、青森県立美術館で行った、アグロス・アートプロジェクトにより描きあげた《明日の収穫》です。
10m近い、この巨大な絵には土と微生物、農業と飢え、豊穣と儀式の絡まり合う円環が描き込まれています。
書籍「忘却の野に春を想う」とのご縁は、大小島と山内明美さんが青森で出会ったことから始まってます。

書籍情報

出版社 ‏ : ‎ 白水社 (2022/1/6)
発売日 ‏ : ‎ 2022/1/6
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 258ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4560098778
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4560098776

←Archives

© 2022 Maki Ohkojima