news

Now  Coming  Past  collaboration

←Back to top


now-------------------

Comming-------------------

●香川県粟島レジデンス2018年春〜夏
Kagawa Prefecture Awashima Residence 2018 Spring - Summer

●秋田県美郷にて壁画2018年夏
Akita prefecture Misato city - mural paintings in 2018 summer

●青森美術館滞在制作アグロス・アートプロジェクト 2018年秋
この作品は2019年の春に館で発表されます。
Aomori Art Museum residency creation in Agrose project project autumn 2018
This works will show in 2019 spring in there.

●フランスパリ・アクアリウムにて展示2018年冬
Exhibition at France · Paris · Aquarium Winter 2018



Past-------------------終了致しました。

 



大槌・海の天井画 
Ceiling mural of the Ocean in Otsuchi

本日から月末にかけて、岩手県大槌にある東京大学国際沿岸海洋研究センターで天井画を手がける事になりました。
ひょっこりひょうたん島のモデルとなった島、蓬莱山の真向かいにある場所。

再建されるこのセンターで、海と共に生きる事について描きたいと思っています。

Ceiling mural of the Ocean- in International Coastal Research Center of Otsuchi Iwate prefecture, The University of Tokyo.
I draw about living with the sea in April 2018 at this center rebuilt after the 2011 disaster.

-----

2018年4月3日(火)〜4月27日(金)
美術手帖×VOLVO ART PROJECT第4弾
大小島真木|樹がその生命を分かつ時 When trees distribute their lives 

アーティスト大小島真木によるインスタレーション、映像作品、絵画の展示を行います。
大小島は、描くことを通じて自身の中に生まれる物語を丹念に紡ぐアーティストです。インドやポーランド、メキシコ、インドネシア、屋久島、小笠原など国内外を旅するなかで触れた、その土地が持つ自然や風土、風習のあり方に呼応しながら、制作を続けてきました。生と死の循環、森羅万象のありようを物語る作品は、人間もまた個を超えた地球の生命体の一部であることを自然と感じさせます。
本展では、こうした世界観をスタジオ正面のガラス面のほか、大型スクリーンやボルボの車体などに多面的に展開。スウェーデンの自然をコンセプトとしたボルボ スタジオ 青山で、力強い大木、草木の萌える山々、鳥の声など生命の美しさ溢れる作品がさらなる広がりを提示します。

https://vc-japan.jp/aoyama/event/

営業時間: 10:00〜23:00
※映像作品の上映は毎日18:00〜(予定)
(その他の時間もスタッフにお申し付けいただければ鑑賞可能です。)


ボルボ スタジオ 青山 / VOLVO STUDIO AOYAMA
〒107-0061 東京都港区北青山3-3-11 1F(表参道駅と外苑前駅の中間あたり、それぞれ徒歩7分ほど)
電話:03-6896-1141
無休(年末年始を除く)

◯イベント
4月3日(火)11:00〜12:00|メディアイベント
大小島真木トークショー&カーペイント

今回の展示に関連したトークショーと「2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した「XC60」へライブペインティングを行います。世界に一台だけの車が完成します。

4月6日(金)19:00〜21:00 ※18時半開場|来場イベント
絵本読み聞かせ+ワークショップ
http://ptix.at/C5FuyE

 

【作家より本展に寄せて】

生命の終わりが新たな命へと、変わってゆく経験と出会う。 
その循環の中にいる人としての身体を見る。 

光の子どもが問いかける、 僕たちは何によって生かされているのだろう。 
山の子が問いかける、君の中に山はあるのか、と。

大地と海、地上の生き物たちを通して、地球、宇宙のなかでの私たちの生を問う

 

m showing at the VOLVO Aoyama studio an exhibition mainly consisting of installation by glass drawing and video work in large screen.
Exhibition title "When trees distribute their lives" The work which tells the circulation of life and death, the wonder of the whole world, makes us feel that human beings are also part of the life forms of the earth beyond individuals.




-------

 

”アグロス・アートプロジェクト、明日の収穫〈種まき編〉成果発表展示”, 青森県立美術館

Tomorrow's Harvest: Sowed seed - Agros Art Project in Aomori Museum of Art

この活動は2017年、2018年に渡って行っている市民のみなさんと共同で行っているプロジェクトです。2017年度ではお米つくりを核として、農耕からの体験や知を参加者の皆さんと考えてきたことをアーカイブ、少しずつ形にしています。
2018年秋に滞在してこれらの経験を練りこんだ大型の作品を制作予定 。風習文化・歴史の蓄積をモチーフに取り組んで、集合的な歴史意識を具現化する試み。

3月10日(土)〜5月6日(日)
会 場:青森県立美術館常設展示室H

www.aomori-museum.jp/ja/event/66/#anchor3

This project is a joint project with citizens through 2017 and 2018.In 2017, we made rice at the museum and archived experiences and knowledge from farming.
I will stay in the autumn of 2018 and create a large-scale work that has gone through these experiences. Attempts to embody collective historical consciousness by working on accumulation of customs culture and history as a motif.

↑現在2017年度の成果発表展を開催中

●「アグロス・アートプロジェクト 明日の収穫」を青森県立美術館

2017年〜2018年にかけて 。
農業とアート体験をかけ合わせた地域アートプロジェクトです。
この土に根ざした学びと実践の「場アグロス(*)」が舞台。

–救いも詩も大地から湧く、我らの宗教も藝術も、ないしは生活も、ただ真にこの一つの大地から湧き出たものであらしめたい。
江渡狄嶺(**)「田作りの詩語り」企画ウェブページ:http://www.aomori-museum.jp/ja/event/66/
企画ツイッター:https://twitter.com/Agros_ap

 

---------------------------




岩手県大槌町、津波によって被害を受けた場所のひとつです。
7年前の震災で友人を亡くしたことをきっかけに活動する方の呼びかけにより、"忘れまいコンサート”が開かれ、寄付を募り応援する活動が東久留米で続いてきました。
今年は大槌にある東大の海洋研究センターの再建が予定されていて、7年経った今にできる形のエールを考えたいと、お話をもらいました。
研究センターと地元の方が交差する場所になる、新センターのエントランスに天井画を、今年に描きます。

そのためのイベントを地元・東久留米(東京)で行います。
東久留米での展覧会、そして忘れまいコンサートでの講演をいたします。

3/11 忘れまいコンサート
3/11, 3/13, 3/14 展覧会

↓チラシ 大きな画像はこちらより→ jpg

 

Iwate Prefecture Otsuchi Town, one of the places affected by the Tsunami 2011.
An "unforgettable concert" was held by a call of those who lost a friend due to the earthquake seven years ago, and activity to recruit and support the concert was continued in Higashikurume.

The reconstruction the Atmosphere and Ocean Research Institute - University of Tokyo in Otsuchi is planned this year.
And the executive committee of the unforgettable concert told me that wanted to think about the seemingly yell which seven years later.
In this year, We decided to paint the ceiling painting at the entrance of the new center which will be the place where the research center and local people can make relationship.

I will exhibit and doa lecture at an unforgettable concert at Higashikurume.

------

● 府中市美術館:公開制作室
Fuchu Museum Open show making room



”万物の眠り、大地の血管/ Sleep of all things, Vessels of the earth”

2017年 11月3日(金)〜 2018年 2月25日(土)

ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。公開制作72 大小島真木「万物の眠り、大地の血管」ちらし (PDF:1,548KB)

府中市美術館HP→*

 

----

 

 

オオカミの眼Block House、 −The Iris of a Wolf →HP


太田市美術館・図書館
  グループ展 8月4日-10月22日

http:// www.artmuseumlibraryota.jp/ post_artmuseum/934.html


http://www.ohkojima.com/etokotoba-A4-web.pdf
(PDF/14.2MB)


2017年、夏

 

秋田県美郷町での滞在制作、仙南小学校

仙南小学校HP→制作過程を仙南の先生が書いてくれています。

---------------------------------------------

 



タラ号放送にむけて、 タラ号スペシャルファサードをアニエスベー青山店で手がけました。お店のガラスに7月7日(金)にドローイング。地下一階にはTara号で描いたドローイングも展示されています。

会期:2017年7月7日(金)〜7月23日(日)
場所:アニエスベー青山店

 

---------------------------------------------

天井画特別公開


http://www.ohkojima.com/A4_nyukou-ss.pdf
(PDF/39MB)

日時:2017.7.16(日)-7.17(月祝)10:00-16:00
会場:南沢氷川神社(東久留米市南沢3-5-8)
アクセス:西武池袋線「東久留米駅」西口から徒歩15分
入場:無料

 

2015年の冬に行ったプロジェクト南沢氷川神社への天井画がこの度、奉納という形で正式にこれからもあの天井に置かれることとなりました。
すばらしい財産である湧き水が、これからも繋がってゆきますようにとプロジェクトのメンバーが神社さんや氏子さん方のご理解とご協力を経て、辿り着いたひとつの結果です。
その天井画を、この湧き水の源泉地に鎮座する南沢氷川神社で一年に一度(予定)の特別公開日を設け、この機会を通じて遥か昔よりこの源流で営まれてきた命の繋がりを体感する場 を開いていきたいと思っています。今年はその始まりの年。まずはひっそりと拝殿の中で、この天井を再び見上げることから始めてみたいと思います。
7月の16日と17日に開きます。当日は私もおりますので、お声掛けください。
この天井画に関わってくださった皆様に深く感謝申し上げます!そしてその想いがこれからの未来へと続いていきますように。


Art Direction & Design(Poster, Leaflet )| Nao Nozawa http://www.naonozawa.com
Photographer| 清水 裕貴 (Yuki Shimizu) *一部

-----------------------------------

また今年の春にアーティストインレジデンスをしてきました、フランスの海洋調査船タラ号の特番が、 7月17日(月祝)の夜NHK総合で放映されます。(神社の公開日と同日です!)海の魅力と、今直面している地球環境の危機を調査している船です。アニエスベーなど国際的な企業や組織の支援で世界中の科学者と共に12年以上、北極から南 極まで地球温暖化による海への影響を調査してきたタラ号。現在は太平洋のサンゴ礁探査という新たな冒険を行っています。珊瑚は海の生物多様性と豊かさの象徴のような生き物。私たち生命にとって母なる存在である海について、この世界に生きることについて、考える夜にとぜひご覧ください*

------------------

全編生解説プラネタリウム「全天88星座〜光が語る天球の地図〜」


 

開催期間 : 2017年 5月12日(金)〜7月14日(金)

※ご利用日の投影時刻はカレンダーにてご確認ください。
(投影時間:約45分間) 開催場所

場 所 : 多摩六都科学館のプラネタリウム。
定 員 : 1回234席

観覧料 : 大人500円、小人200円(※別途入館料が必要)
※当日開館時よりインフォメーションにて観覧券を販売


有史以来、人々は星空に絵を描き、物語を紡いできました。
今回は、水と緑と子供をテーマに地元出身のアーティストが描いた新しい姿で、 88個の星座をご紹介します。



https://www.tamarokuto.or.jp/event/index.html?c=event&info=1380&day=2017-05-12

いよいよ公開までのカウントダウンがはじまりました!
こちらでは番組に登場する88個の星座絵が毎日ひとつずつ更新されます。

特設ページ

--------------------------------

タラ号海洋プロジェクト  TARA Expedition

2017年のTara海洋遠征にアーティストとして参加します。1/28(グアム) -- 3/19(横浜) 期間の乗船を予定。
I take part in the Tara Foundation starting January 28, 2017 (Guam) and will work aboard the schooner Tara as artist until March 19, 2017 (Yokohama).

http://oceans.taraexpeditions.org/en/

アニエスベーがサポートする海洋観測船タラ号とその一連の研究プロジェクト<タラ号プロジェクト>はこれまで、世界中の海が直面する環境的脅威および気候の変化による影響を探るために名だたる研究所や研究機関の支援の元、世界中から集まった科学者や研究者を乗せて<タラ号北極プロジェクト(2006 年- 2008 年)>、<タラ号海洋プロジェクト(2009 年- 2012年)>、<タラ号北極圏プロジェクト(2013 年)>の主に3つの研究プロジェクトを実施し、2014 年は地中海の海洋調査を行いました。

Tara新聞
http://jp.oceans.taraexpeditions.org/wp-content/uploads/sites/6/2016/07/%E3%82%BF%E3%83%A9%E6%96%B0%E8%81%9E.pdf

 

 

 

Live drawing 2days in Tokyo Design week 2016
発芽ー眠りのヤマネコ
Germination- sleeping lynx

 

@@


2016年 10月22日(土) 〜11月4日 秋田県美郷中学校にて滞在制作

美郷中学校HPより、壁画の制作過程を載せてくださっています。
http://www.obako.or.jp/misatojh/wallpainting.html


Photo by Blanca

  

 

@@

『Mingtai culture』に参加しました。

Mingtai Culture Business Dept. | 名泰文化事業部 
C8-D Universal Creative Park, No.9 North Jiuxianqiao Road, Chaoyang District, Beijing, China
中国北京市朝?区酒仙橋北路9号恒通国際創新園C8楼D(南),100015

2016. 8月 in 北京 中国

I took part inMingtai culture.
August,2016 in Beijin China

http://www.artnova100.com/

 



レポート
https://ohkojima.wordpress.com/2016/09/02/iomante-in-the-forest-%E6%A3%AE%E6%9E%97%E4%B8%AD%E7%9A%84%E7%86%8A%E7%A5%AD/



@@




ミュージアム×ナイト 奈義MOCA 2016

http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/news/museumxnight2016.html

日時: 2016年 5月14日(土) 午後6時〜7時 喫茶室
・木太聡(演奏・トイピアノ)×岩本象一(演奏・ガムラン)×大小島真木(ライブペインティング)

会場:奈義町現代美術館
〒 708-1323 岡山県勝田郡奈義町豊沢441
TEL:0868-36-5811

入場料:一般・大学生700円、高校生500円、小・中学生300円(企画展もご覧いただけます。)



「ミュージアム×ナイト 奈義MOCA 2016」は夜の美術館を開館し、<光>・<音楽>・<映像>をテーマに、それらを使って美術館を演出していくものです。

雄大な自然の中に建てられた奈義町現代美術館は、周囲の環境の変化によって様々な表情を見せてくれます。本企画では、普段は閉館している夜の美術館を開館し、月の光やライティングによって、普段とは違う幻想的な夜の美術館を鑑賞していただきます。

奈義町現代美術館を構成する「太陽」、「月」、「大地」と名付けられた3つの展示室は、建築家とアーティストとの共同制作の中で生まれました。奈義町の雄大な「自然」を意識したそれらの展示室は、自然条件とも共鳴するように制作されました。


 

@@

上海にて壁画
March,2016 Mural in Shanghai of China.
 

 

 



-------------------collaboration



〈new balance〉の設立110周年
http://mybeta.newbalance.co.jp/detail/072/

 

CM

富士フイルムさんの「チェキmini70」 テレビCM 

http://instax.jp/mini70/

 

 


恵比寿映像祭 2016

「惑星の庭」"Planetary Garden"

11 .thu  -  27 .sat  February  2016


今村遼佑 / 大小島真木 / 蔡佳蔵
Ryosuke Imamura / Maki Ohkojima /Charwei Tsai


映像祭のメインタイトル「動く庭」を受けて、サテライト会場となるMA2Galleryは、フランスの庭師、ジル・クレモンの思想「惑星の庭」をテーマに、「ヨコハマトリエンナーレ 2011 OUR MAGIC HOUR -世界はどこまで知ることができるか? -」(横浜美術館、2011年)に参加している、今村遼佑とツァイ・チャウエイ。個展「鳥よ、僕の骨で大地の歌を鳴らして」(第一生命ギャラリー、2015年)を発表した大小島真木。それぞれの視点から、世界との関わりを探る3人の作家による作品を展示致します。


「惑星の庭」
「働きかけるために観察する」「なるべく『逆らう』ことなく、できるだけ『あわせる』」
という庭の管理を実行する、ジル・クレモン(フランス、景観建築家)。
動き続ける自然の植物に合わせて緩やかに人間が調整をするという方法で、時間や混合と共にある世界をつくり
自然と関わる「動く庭」からの思想は、今回、取り上げる3人の作家の世界との関わり方にも共通するものがあるでしょう。
恵比寿映像祭のメイン会場からサテライト会場となるMA2Galleryは惑星となり、箱のような光の入る空間は庭として、
作品が植物のように種を蒔きます。また、新進気鋭の3人の作家はdarkhorseという意味での惑星ともいえます。
三様の作品を庭を散策するようにゆっくり鑑賞して頂きたいと思います。

日時:2月11日(木・祝)–2月27日(土) 12:00–19:00 
会場:MA2Gallery/東京都渋谷区恵比寿3-3-8 
入場:無料 
休日:日/月曜日 
TEL:03-3444-1133

http://www.ma2gallery.com/next.html


@Maki Ohkojima

 

 

◎◎◎

 

Wall Art Festival with noco

2016/2/27-28-29
2月に滞在制作し、カルキーパダ公立学校に壁画を描きます。
一昨年から続く、森の三部作、第3章完結編です!
インド西部・マハラシュトラ州・ワルリ族の村

 

 

グループ展



森羅万象 大小島真木+津田隆志 −現代美術in豊川−

会期 2015年12月15日(金)〜1月24日(日)
(休館日は毎週月曜、12月28日から1月3日、ただし1月11日(月・祝は開館します)
会場 桜ヶ丘ミュージアム
〒442-0064愛知県豊川市桜ケ丘町79-2
入場無料

チラシ: http://www.city.toyokawa.lg.jp/shisetsu/bunkakyoiku/sakuragaokamuseum/tenrankai/sinra.files/12151.pdf

http://www.city.toyokawa.lg.jp/shisetsu/bunkakyoiku/sakuragaokamuseum/tenrankai/sinra.html


8.5メートル四方の空間で展示をいたします。初、愛知県です。
ちなみに私の祖父は豊橋出身です。
展示室内に8mほどのガラス一面の場所があり、チョークと布で光を取り入れる作品を作ります。
そして物語"ウオルド”たちや、今までの作品による空間構成です。
ご覧ください*

Group showing in Sakuragaoka Museum Aichi Japan.
15th Dec,2015 - 24th Jan, 2016

 

 

大小島真木滞在制作「ある時間の記憶 Memories of a time」

 

大小島真木滞在制作「ある時間の記憶 Memories of a time」 
大小島は、森や繁殖する菌、覚醒する猿や鳥、鉱物などさまざまな生物のまなざしを自らの内に宿し、物語ることで、わたしたち人間の持ち得ない視点や記憶を共有していきます。「内在化する」と言うと意図的に行っているようですが、正確には、普段からひょいとほかの視点に移行してしまうのが特徴です。

本展では、undoに集ったみなさんのこれからの運動を祈念して、木片やキャンバスに描いた絵が壁に浸食していく「はみ出し壁画」を滞在制作いたします。前半は、軸となる作品のみの展示です。

会場では、同時期開催の個展『鳥よ、僕の骨で大地の歌を鳴らして。』(東京・12/17まで)と東久留米アートプロジェクト vol.1『南沢氷川神社拝殿に天井画を描く 生きとし生けるものの響宴』(東京・12/6まで)の作品をまとめた特製ブックと、原画の販売も行います。 ぜひ、併せてご覧ください。 

 

企画:川村庸子(undo)

http://minowa-undo.tumblr.com/post/134375826232/%E5%A4%A7%E5%B0%8F%E5%B3%B6%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E6%BB%9E%E5%9C%A8%E5%88%B6%E4%BD%9C%E3%81%82%E3%82%8B%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%AE%E8%A8%98%E6%86%B6-memories-of-a-time

 

--------



個展 

大小島真木|鳥よ、僕の骨で大地の歌を鳴らして。

2015年11月12日(木)〜12月17日(木)
会場:第一生命ギャラリー

http://www.ohkojima.com/bird-sing.htm


Solo exhibition | Birds, sing the songs of the earth, through my bones.
November 12th (Thu) - December 17th (Thu) , 2015
In Dai-ichi Life South Gallery Japan
http://www.ohkojima.com/bird-sing.htm

 

-------------------

神社天井画

大小島 真木 南沢氷川神社拝殿に天井画を描く
東久留米アートプロジェクト企画

2015年11月25(水) 〜 12月6日(日) 10:00〜16:30
会場:南沢氷川神社
〒203-0023 東京都東久留米市南沢3-5-8

http://higashikurume-artproject.tumblr.com/

Higashikurume Art Project
Maki Ohkojima paints the ceiling picture on Minamisawa Hikawa Shrine. 

November 25th (Wed) - December 6th (Sun) , 2015

Place: Minamisawa Hikawa Shrine. 
Address: 3-5-8 Minamisawa, Higashikurume-city, Tokyo

 



プロジェクト参加

アートラインかしわ 2015

燗屋さん柏駅接続エレベーターを二基、木と森で覆いました。
“gene”と名付けられた連作に出てきた、ドアの絵が実際に開いて、森に入ります。
もう一方では洞窟が開かれて、草生した木の前に立つ事になります。

このエレベーターは10月20日までの期間限定です。
柏にお越しの際は、開いて閉じる。入って出る。を行ってみてください*

I wrapped elevator. In Art line Kashiwa Japan
Cave and gene's door is opened ! 
Until 20th Oct 2015


http://2015.kashiwa-art.com/1065

 

 

-------------------

アジアの若手作家100人を集めた『ART NOVA 100』に参加しました。

ART NOVA 100 | 青年 100
C8-D Universal Creative Park, No.9 North Jiuxianqiao Road, Chaoyang District, Beijing, China
中国北京市朝?区酒仙橋北路9号恒通国際創新園C8楼D(南),100015

2015. 10月5 -7日 in 北京 中国

I took part in ART NOVA 100.
5th- 7th Oct,2015 in Beijin China

http://www.artnova100.com/